和歌山での、「酒類販売業免許申請」に柔軟にご対応可能です。 橋本健史行政書士事務所(和歌山)

和歌山での、「酒類販売業免許申請」に柔軟にご対応可能です。 橋本健史行政書士事務所(和歌山)

和歌山県紀の川市で行政書士事務所を運営している橋本です。

今日の和歌山の天気は、朝から一日中雨のようです。

もう、まもなく和歌山も梅雨入りするでしょう。

 

さて、行政書士というと、本当にいろいろなお仕事があります。

すべての分野を扱っている行政書士はさすがにいませんが、私は割と広く業務を扱っている方です。

 

 

和歌山県での「酒類販売業免許申請」のご依頼受付致します

 

酒類販売業免許の概要を知りたい方はこちら。

 

 

このごろ、ポツポツとご依頼を頂くようになった新しい業務は「酒類販売業免許」です。

酒類販売業免許は、「お酒」を販売するために必要な免許です。

 

身近なところでは、コンビニやスーパーなどでも「お酒」を販売しておりますが、そういったお店は酒類販売業免許を持っています。

これらは、「小売業免許」ということに少し詳しく分けるとなります。

その他にも、「通信販売」で酒類を販売するカテゴリーの免許もあります。

さらに、「卸売り業免許」もあり、その中でもいくつかの業態に併せて免許が分かれており、それぞれ行うことができる業態が定めれています。

 

異業種から、新規で酒類販売に参入する場合は、まず最初に免許取得に悩むと思います。

酒税法上の分類によって、酒類についての知識も必要となりますし、行う業態について免許区分がどれになるのかよく考えないといけません。

 

さらに、慣れない事業計画書作りなどを行うのは、なかなか大変なものがあります。

また、免許申請の事前相談についても、ちょっと不便?なところがあり意外と厄介なのです。

 

これらの「酒類販売業免許」取得までの道のりは、意外と大変で数か月は係るでしょう。

慣れない方がすると、かなりのエネルギーを必要とすると思います。

この部分を和歌山での許認可申請を取り扱う当事務所が代行致します。

 

さらに、当事務所では、輸出入関連の業務経験も十分ありますので、海外から輸入酒類の手続きについてもご協力が可能です。

このような理由で、当事務所をお選び頂いております。

 

和歌山での「酒類販売業免許申請」取得にお困りの方は、柔軟にご対応可能な和歌山県の橋本健史行政書士事務所にご相談くださいませ。

 

また、以前許可をとられていて、免許区分を追加してあらたな販路を開拓したいなどの場合には「条件緩和の申出」にて免許範囲を拡大します。

和歌山での「条件緩和の申出」にも、対応しておりますので、お気軽にご相談くださいね。

 

気軽な個人事務所ですので、気を遣わずにご相談くださいませ

 

しっかりとお客様のために、最適プランのご提案をさせていただきます。