和歌山県で酒類販売業免許の新規取得、条件緩和でお困りの方はお気軽にご相談ください。

和歌山県で酒類販売業免許の新規取得、条件緩和でお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

和歌山県の酒類販売業免許に関する手続きを代行している行政書士橋本です。

 

酒類販売業免許の条件緩和のお話


酒類販売免許を取得してから、事業が軌道に乗ってくると、

 

新たな取引先や販売形態を開始する場合も多く、業務拡大に

 

ともなって当初の酒類販売業免許の条件に合致しなくなるがやってきます。

 

そうなるまえに、当事務所にご相談いただければ、既存の

 

酒類販売業免許の条件を緩和する手続きを行います。

 

手続名としては条件緩和の申出となりますが、

 

その内容は別種の業免許の追加交付をお願いするものです。

 

 

「条件緩和」って何?


 

この「酒類販売業免許」はあとから必要に応じて少しづつ

 

追加していく形態となっております。

 

すでに、何らかの酒類販売業免許をお持ちの方は、

 

「通知書」を見ると、条件が付いています。

 

これが、免許の種類毎の条件です。

 

この条件を緩和していくので、文字通り「条件緩和の申出」と書きます。

 

例えば、ある酒類の卸売り免許では、実際に販売する酒類ごとの

 

免許交付となりますから、取り扱うお酒が増えたらまた、

 

「条件緩和申出」をして業態に合致させるということです。

 

酒類販売業免許の種類ごとの業態を確認したい方は、こちらのページです。

 

なんとも、手間がかかりますが、それだけ細かく管理されているということです。

 

当事務所でもただ今「条件緩和の申出」を申請中です


 

現在、当事務所でも「条件緩和申出」を申請中です。

 

少し確認がはいり、追加確認資料を作成中です。

 

これで、何とか通るように祈ります。

 

和歌山県で酒類販売業免許の新規取得、条件緩和でお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

代行申請のご依頼は県内全域対応します。

 

誠実さとフットワークには自信がありますので、是非一度ご相談下さいね。