和歌山県の自動車相続を代行 橋本健史行政書士事務所(和歌山)

和歌山県の自動車相続を代行 橋本健史行政書士事務所(和歌山)

和歌山県の行政書士橋本です。

当事務所は相続も自動車登録も取り扱います。

したがって、相続による自動車の名義変更も代行しております。

 

相続による自動車の名義変更をするには (和歌山)

 

自動車の所有者の方がお亡くなりになって、相続が開始すると、

通常は一度相続財産として、その自動車は相続人全員での、共有財産となります。

したがって、その自動車を相続する方を相続人全員で協議して決めることが必要です。

 

そして、亡くなった方の相続人であること、自動車の相続人を協議して決めたことを証明することが必要となります。

 

亡くなった方の戸籍収集から

相続人の確定作業が必要ですから、亡くなった方の戸籍収集をして、相続人を確定します。

確定した相続人全員により、自動車に関する遺産分割協議書を作成します。

これは、自動車専用の書式もあります。また、通常通りの遺産分割協議書となる場合もあります。

いずれにせよ、遺産分割協議書には、実印の押印が必要となります。

 

車庫証明・所有権留保など手続きがことなります。

自動車独自の手続きとして、車庫証明と所有権留保があります。

車庫証明は駐車場所があることの証明手続きです。

この車庫証明に関しては、相続の場合は必要な場合と、不要な場合があります。

基本的には、自動車を相続する方が個人と同居していたかがポイントとなります。

 

また、所有権留保という形態でとろくされている場合は、ローン会社とのやり取りも必要です。

 

すべての書類を揃えてから、和歌山運輸支局で手続きを行う

すべての書類がそろってから、和歌山運輸支局へ行きましょう。

窓口で審査してくれますが、戸籍等に不足があったりすると、手続きができませんのでよく確認してから

出向くと良いと思います。

 

自分で行えない場合は行政書士へ相談

このあたりの手続きは、自動車屋さんでは手に負えないと思います。

また、ご自身で行うことも大変な場合があります。

 

もし、土地などを相続手続きで、戸籍等の調査が終わっているなら、その書類を流用することが

できますから、手間が省けます。

 

いずれにしても、「わからない」「面倒だ」と感じるなら、専門家にお願いすることが無難です。

行政書士は自動車登録、車庫証明、相続も取り扱いますから、このような手続きの専門家です。

 

和歌山県で自動車の相続にお困りの方はお気軽に、橋本健史行政書士事務所までご相談くださませ。