和歌山の車庫証明代行など、自動車手続きを代行します。

自動車関連業務

行政書士は自動車手続を代理代行しています。

和歌山県で行政書士をしている橋本です。

行政書士は自動車関連のお手続きを代行致しますが、

その中でも、よくご依頼を頂くのが車庫証明代行業務です。

 

普通車を購入したら、車庫証明がまず必要です。

お車を購入すると、普通車の場合は車庫証明という手続きから、

納車の第一歩が始まります。

 

逆に言うと、車庫証明がない限り、自動車登録が出来ませんから、

いつまでたっても納車されないということですね。

 

つまり、駐車場が無いのに車購入の契約をすると後で困ったことになってしまいます。

 

軽自動車は車庫証明は原則必要ない!?

では、普通車ではなく軽自動車は車庫証明は必要なのでしょうか?

答えは、必要な場合と、不要な場合があるです。

 

軽自動車の場合は、正確には届出ですが、和歌山県の場合は「和歌山市」に使用の本拠を置く場合のみ届出が必要です。

その他の和歌山県内の地域は、「届出除外地域」です。

また、普通車と異なり、手続き順序が逆で、登録後に直ちに行うことになっていることも特徴のひとつです。

このため、販売店が関与せず、購入者任せになっている場合があり、未届出の場合は購入者自らの責任で至急行う必要がありますので、注意しましょう。

 

実は車庫証明は行政書士が代行している!?

自動車を購入する側としては、販売店としかやり取りしませんので、

行政書士が実は手続き代行していることを知らない場合が多いのですが、

結構な確率で行政書士が代行しています。

 

特に、他府県から購入するするような場合は、地元の行政書士が関与している

可能性は高いでしょう。

 

行政書士があなたの車の駐車場の調査に来たり、登録を代行したりしているかもしれません。

もしかしたら、車検証入れの中の書類に行政書士事務所の判が押してあるかも!?

 

当事務所の自動車関連、車庫証明代行のWEBサイトは以下になります。

お気軽にご相談くださいね。

 

クイック車庫証明代行 和歌山

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました