自由販売証明書の申請方法について

自由販売証明書の申請方法について

自由販売証明書の取り方について、気づいたポイント少しづつ記載していきます。

自由販売証明証明書の申請方法は4通り

自由販売証明書の申請方法について書いていこうと思います。

完成した申請書類を実際に管轄の厚生局にどのようにして提出するのかということですが、方法と4つあります。

① 持参する

もっとも手間がかかる方法ですね。なかなか、初めての方が補正も追加書類もなくCFS発給されるとは考えづらいので、おすすめの方法ではありません。

② 郵送申請

当事務所も過去に行っていたことがある提出方法です。郵送で送付するのですが、送付する際は書留又はレターパック等の配達記録の残るもので発送しましょう。

また、原本書類を送付するため、書類の差し替え等が発生した際は、再度差し替え書類を送付する手間が発生します。

現在、この方法を利用するメリットはあまりありません。

③ 電子メール申請

当事務所も現在利用している申請方法です。 即時届きますし、申請書類の郵送も必要ありませんから、大変便利です。

ただし、申請用アドレスを発給してもらう必要がありますので、事前に輸出予定についての書面原本を管轄厚生局に送付し、審査を受けておく必要があります。

④ NETNACCS申請

ネットナックスでも申請ができるようになっています。

ただし、申請する企業は通常ネットナックスシステムを導入していません。

そのため、事実上、通関業者や自社通関企業のみ利用が可能となっています。

新たに導入する方法もありますが、このためだけに導入するのは手間を考えると得策ではありません。

当事務所も他業務でネットナックスを導入しておりますが、電子メール申請の方が手軽ですので、今のところ使用する予定はありません。

以上、厚生局発行の自由販売証明書発給申請の書類提出方法についてご紹介しました。