ベトナムビザセンターで化粧品の領事認証をお願い

自由販売証明書や輸出入ライセンス申請代行を通じて、日本の貿易促進のお手伝いをしている通関士出身の行政書士橋本です。

今週は、ベトナム向けの化粧品関連に分類される商品の外国文認証へ公証役場とベトナム領事館(大阪府)に出向いていきました。

化粧品とベトナム側で分類される商品については、CPTPPの記載条項により、「自由販売証明書は求めてはならない」となっておりますので、現在はベトナム向けの化粧品関連は自由販売証明書は不要と考えています。

ただし、そのほかの書類(成分表や代理店証明)は今まで通り、認証が必要です。

この部分を、当事務所は行政書士として代行しております。

ただ、ベトナムビザセンターで領事認証をお願いするのですが、そこはベトナムの方が大半で、つまりほぼ外国です。

親切にきいてくれるというよりは、こちらから積極的に聞かないとほっとかれますので、分からないことは聞く!これが必要です。

日本はサービスのいい国ですが、あらためてそれを実感できますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です